2004年07月23日

ココロとココロが、ふれあう、ひととき。

こんにちは!かめぽこです。

この前、自然でリフレッシュ!みたいなことを書きましたが、案外もっと身近なとこで癒されたりすることってありますよね。
女の人だったら、よく“お風呂”ってなこと聞きます。一人、ゆたりとお風呂につかり、本読んだり、音楽聴いたり...。
私はお風呂といっても長くつかってられない性質で、いわゆるカラスの行水。
お風呂にしばらく浸かってるとソワソワして落ち着かない!
「もーぅ我慢でけん!!」ってな具合でザザーッと出てしまいます(-×-) 
だから、もっぱらシャワーのみで済ましちゃいますが、子供が産まれてからはだいたい一緒に入りますよね。
うちもパパがいれてくれることもありますが、まー、やはりだい
たいママと一緒ですな。
だから最近は余計にゆっくりとなんて入ったことないです。そうなると、お風呂の時間なんてただひたすら早く終わってほしいだけだったんですけど、
あることがきっかけで、早く終わるけども癒される〜っていう入浴タイムになりました。

そのあること、とは、なんと私自身のアトピー性皮膚炎!!上の子マロ(愛称)を産んで顔がアトピーになり、
病院に通ってよくなって、下の子ミロ(愛称)を産んだら再発して、もっと広範囲にアトピーが!!
(=o=;)ガーン!! そしてこれがまた、なかなか治らない!ときたもんだ。

病院いって、薬ぬって、なかなかよくならないので、お医者のすすめてくれた方法でお風呂に入ることにしたんです。
アトピーの人なら誰しもが認知していることでしょうが、石鹸を無添加(しかも手作り!)に変え、
タオルなどを使わず手で体を洗うんです。
別にマッサージしているわけじゃないんだけど、
足を洗っていると、これがなんだか気持ちいい...〜(^ν^)〜

 でもこれが癒しかっていうと、違うんです!手で体を洗うと、背中がなかなかよく洗えない。
そこで一緒に入っていた娘マロに背中を洗ってくれるよう頼んだら、快く引き受けてくれたので洗ってもらうと...
ドォーッッ(@O@)==きっ気持ちいいーーーっっ!!
むぉんのすごぉっっっっく、気持ちがいいではありませんか!!
いんや、あまりの気持ちよさにウットリと
魂がどっかに飛んでいって、しばらくの間、時間がとまりました。

そこでハッと我に返ってマロに「うぁー、マロありがとう〜。ママ、今このまま死んでもいいよぉ」とお礼を言うと、
「ママ死なないでね」と言って背中洗いをやめてしまいました。(-_-;)ξ

それからというもの、背中は時々子供達にお願いしています。
あれはホントにいいですよ。
すごい、至福の時です。また、子供達を洗ってあげる時、子供達が気持ちよく、フニャけてくれるよう、
より気を配るようになりました。以前からベビーマッサージもどきを入浴時にやっていたんですけど、
最近は時間ばかりに気をとられ、子供達のリラックスがおざなりになっていたんです。
でも、自分がこんなに気持ちよくトリップできるなら子供達もそ
うに違いない!と感じ、
できるだけ子供の気持ちがほぐれるよう、洗ってあげるように。

以前、あるアロマセラピストの方が、小学校高学年の娘さんが塞ぎこみがちになっていたので、
娘さんの背中をマッサージしてあげたら、あまりのガチガチな背中に愕然としたらしいです。
でもマッサージを進めていくうち、ゆっくりと、ポツポツと娘さ
んは話し始めたそうです。
それから、時々娘さんのマッサージをするようにしたら、娘さん元気を取り戻したそう。

親子って、わかっているようでわかってないことがいーっぱい
あって、
お互いに気持ちを寄せ合うことがなかなかできないでいることがあるけど、こんなふうに体にふれあうだけで、
ずいぶんとお互いの間にある見えない氷の山が解けていくんだなぁ、って思いました。んで、癒される。
氷の山がなくなると相手の存在が目でなく、体でしっかりと感じられるからかな。
でも、こんなちっちゃいのに、そのちっちゃい手から出される
パワーのすごいこと。
純粋な“ママ大好き”って心が、マロやミロの手から伝わってくるのかなぁ...。


と、いうとこでまたこの次。see you!(^O^)/”
posted by かめぽこ&ももすけ at 22:56| ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月18日

自然の中で・・・★

こんにちは。かめぽこです。梅雨も明け、だんだんと暑さが本格化してきました!
いつの間にか一学期も終わりが近づいて、子供達も新学期
が始まった頃から比べるとだいぶしっかりとしてきたかな。
とはいっても上の子が幼稚園の年中さんなだけですけど…(^O^;)>
アハハ

夏は暑さで、いろいろバランスくずしがちですよね。気持ちも
なんだかとがって、その上、子供達が夏休みで一日中家にいる
!!
もう、それだけで夏バテしそうな(!)気になっちゃう。
うちは、というと、私が仕事をしているのでそれほど「夏休み
でイヤンなっちゃう〜」というのはないです。ハイ。
でも仕事を終え帰宅すると、それこそ一日中ジジとババに家に押し込められていた子供達パワーが爆発(>o<)☆!! 

それでよく、おつかいがてら散歩や、ちょっとした場所で夕涼みをしたりします。
私がよく利用するのが、なんと市役所!私の住むとこはとりあ
えず田舎(最近少し発展してきたかな…)なんで、
案外身近にちょっとした自然があります。市役所は大きな手付かずの自然と、
寝そべってくつろげるような自然が隣り合っていて、とても楽しい所なんです。
ちょっとした林の中の一本の木に、ブランコがあって、うちの子供達はよくのって遊ぶんだけど、
これが他の人達はぜんぜん知らなかったりして、知る人ぞ知るかくれた名ブランコ。
私は“ハイジのブランコ”って呼んでます。だって、そっくり!!最近、ちょっと老朽化してきて、
これを作った人に、補修してもらいたいなぁ、と思っているんだけど、いかんせん、
誰がこんなとこに作ったんだか(?-?) で、秋になると、この
場所で栗ひろいをして、栗ご飯にするんです。(チャッカリ)

他に、桜の木が10本くらい植わってる、小高い丘が絶景です
!さっきも書いた手つかずの大きな自然が、
目前にワァーッと広がって、そこをいつも風がザーッと流れていく。もぉんのすごく気持ちがいい!!
風と木の歌(セルジュ!ジルベール!ではありません ^^;)って感じです。でも、歌っていうより、
遊んでるっていった方が正解かな。子供達もお気に入りの場所で、この前までは
さくらんぼ(小さな食べられないやつ)もいっぱい拾えたし、
丘をおりていろいろ拾ってみたり。
そういう場所ってただ歩いているだけでも気持ちよくって、楽しいです。でも、子供達は
いろいろ覗いたり、走り回ったり、いつの間にか変な物(たい
がい穴!しかも雨水とかが溜まってる ^O^)を見つけては、
それでおままごとを始めて、木の枝のおたまに、葉っぱや土の食材で、おいし〜い料理をこさえてくれます(笑)!!
また、その丘でよくおやつを食べたりして、ホントにいい場所だなぁと。秘密(?)の遊び場です。

こういうお気に入りの場所を見つけておくと、いいですよね。場所がなくても、
時々子供達と夜に散歩すると楽しいですよ。空を見上げて、ゆっくり歩いて。
夜なので昼間とはちがったしっとりとした空気の中、木も草もみ
んな寝てるっていう感覚を子供達と味わえます。
あんまり怖いとこを歩けないけど、でも街灯やお店のネオンがギンギラしすぎている場所では、ちょっと無理かな。

こういう身近な自然を子供と一緒に感じて、それを共有できる
と自分自身もリフレッシュできるので、ぜひおススメです!

月の明るい夜に、部屋の電気をけして、窓から空(月)を眺め
るだけでもいいですよぉ。

それではまた(^o^)/” see you!!

posted by かめぽこ&ももすけ at 00:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月10日

「考え方が違ってても…」

こんにちは。初めまして。「かめぽこ」と申します。今回ちょっとしたエッセイを書くことになって、いささかとまどっております(*_*)>
なぜかというと、基本的に物を書くことは好きなのですが、まるっきり相手がみえない状況だと、とても書きづらい!(^o^;)
でも書く内容は育児のことだとだいたい決まっているので、今自分と同じ立場のママさん達にむけて、発信できればなぁ…と考えております!
 
さて、今回初めてのエッセイなので、何をどれぐらい書こうかな?そうそう、うちの家族構成は主人・私・長女(4才)・次女(1才)・主人の父と母(つまり舅、姑ですな)で暮らしておりますが、
子育てをする際の考え方はやはり違いますねぇ。
とても仲のいい親友でさえ、子育てのこととなると同じってことがないです。私の場合(^^)。
でも、それでかえって助かっている面もありますよ。
 
例えば私なんかは、上の子の時ですけど、1才過ぎてから、いろいろとダメだ、ということを教える場面が増えてきますよね。
その時に、やっぱり1才ぐらいだとビシッと叩いたり、怒ったりしてもなぜ怒られているのかわからなくて、
その時の恐怖感だけが残る、という情報を教育本の類から仕入れていたので、
いつも“怒る”のではなく、今はわからずとも、ずっと繰り返し言い聞かせてれば、そのうちわかるようになる!
とひたすら思いながら「××したかったんだね。そう。でもダメなんだよ」といった感じで話しかけていました。

しかし、ジジとババにはこれが“あまやかしている”としか見えていなかったようです。
で、ある時、上の子がまるっきりママ以外の大人のいうことをきかないってんで、家族会議がひらかれ(!?)、
その時に「ダメなことをダメと、けじめをつけて(母親が)叱らないから、こんなわがままになったんだ」と言われてしまいました。
 はじめは、「チ〜クショォーウ!昔と今は違うんだ!昔の基準で物事考えて言わないでくれ!!」と吠えて、憤慨しておりましたが、しばらくして頭の血がひいた時にいろいろ考えてみると、
確かにジジ・ババの言う通りのこともあると気づきました。私自身は娘に諭しているつもりで話しかけていましたが、
それは単なる“話しかけ”でしかなかったようです。諭す側の私の、真剣味がたりないというか、中途半端だったのです。
本当にダメとわからせるには親のキリッとした真剣な態度と心か
らの本当の言葉が必要だったのです。

しかし私は「怒ってはいけない、怒ってはいけない。やさしく言い聞かせなくては…」
ということに捕らわれて、ただ何となく言っていただけで、その中身、本当の厳しさがなく、
かえって子供を惑わしていたようです。おかげで(?)、今ではビシッと注意したい時は
ものすごく本気になって気合が入った態度で接することができるようになりました〜。
子供には不評(「昔のママはやさしかったー!!」と長女がよく言ってます。オイオイ、キミマダ4サイダロー\(-_-;) )ですが(笑)、
私の伝えたいことはちゃんと伝わっている実感はありますよ。わがまま言ってても最後には娘自身から
(親が)正しく導きたかった方向へ、動くようになりました。
 
やはり、私一人だとそういうことにも気づかず、すばらしい教育本の内容を誤解したまま、ドツボにはまってしまっていたような気がします。
ジジ・ババはやはりウルサイなぁ〜と思ったりもしますが、考え方の違う人の意見をきき、
みんなで子育てできるっていいかも…と思ったりもするのでした。


 でも、もっとどうにかならないかなー!と思うこともしばしば。次回はそのことについて書いてみようかな。

それでは、またこの次にお会いしましょうー!さようなら。
☆-(^ε^)/ see you!

posted by かめぽこ&ももすけ at 06:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かめぽこより、自己紹介

茨城県在住の二児の母親。三人目が欲しいが、ダンナからは「三人作ってどーするんだ」と言われている(-_-;)
育児・仕事におわれ、自分のことにかまっている余裕がない。
そのおかげでいろいろと悩み事が増えてしまった。
もっか、一番の悩みは部屋がかたづかない!押し入れを整理しようと中身をパァーっと出したまではいいが、
その後の片付けが上手くいかず長引いてる!今うちに来た人は泥棒がはいったかと勘違いするだろう…。
そーの前に!家の中に入れられないって(^ω^;)オハズカイ...
どなたか、いい整理の仕方、教えて下さい。
posted by かめぽこ&ももすけ at 06:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。