2004年08月03日

こどもの本専門店『クレヨンハウス』

こんにちは!ももすけです。

最近は、”読み聞かせ”が流行っていると、よく聞きます。
読み聞かせによって、こどもたちの想像力や考える力、ボキャブラリーが増えるだけでなく、
読み手から、聞き手へ、愛のこもった言葉を投げかけることで、より良いコミュニケージョンをとることができると言われています。
そして、読み手と聞き手が共に、本の中の楽しい世界を体験することができます。

けれど、なかなか近所の本屋さんに、絵本が置いてなかったり、いい絵本に巡り合えなかったり、
こどもたちを連れて、お買い物・・・というのも、お母さんにとっては、たいへんなことだと思います。


今日、ご紹介するのは、創業26年になる、こどもの本の専門店、『クレヨンハウス』です。
東京と、大阪に、お店がありますが、東京のお店には、一万冊の絵本を含む、こどもの本が置いてあります。

お近くの方は、実際、クレヨンハウスまで行かれるのも、とてもよいと思うのですが、
地方の方や、お子さんが小さくてなかなか行けない、という方に、クレヨンハウスが22年行っていて、
大好評のサービスがあります。

【クレヨンハウスのブッククラブ】
クレヨンハウスが、厳選した良書を、毎月一回、お届けする、というサービスです。

クレヨンハウスのブッククラブ 5つの魅力

1.子どもたちが長いこと支持しているロングセラーからの選書
2.個性を、幅広く伸ばせるような広い視点からの選書
3.絵本を通した子どもとのコミュニケーションがもてる選書
4.毎月絵本が届く、よろこびの選書
5.絵本や子どもの本、作家情報が満載の『クレヨンハウス通信』を進呈。新刊案内や特集でご紹介した絵本を翌月の配本に同梱もできます。

年齢別・新刊別など、16のコースから、好きなコースを選べることができ、
日本国内だけでなく、国外にも発送可能です。

なかなか良い絵本を手に入れるのが困難だ、という状況のお母様方、教育関係者の方々には、ゼヒ、オススメですよ♪


・・・ちなみに、ももすけは、育児のためではなく、自分が好きで、よく、東京・青山のクレヨンハウスに行くことがあります。
お休みの日になると、たくさんの子供たちでおおにぎわい!
絵本作家さんの原画や、サインなども展示されていたりします。
クレヨンハウスは、こどもたちの本だけではなく、世界のおもちゃ、女性のための本、オーガニックのレストラン
などもあるので、遊びに行くと、足の痛みを忘れるほど、何時間も入り浸ってしまうのでした(*^_^*)
posted by かめぽこ&ももすけ at 19:12| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 管理人ももすけより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちわ〜!!いつも楽しく拝見してますっ!!
クレヨンハウスの「ブッククラブ」はホント!いいですーー!!
私も我が子が0歳〜4歳くらいまでお世話になりましたぁ〜〜〜。
本屋さんは売れる本しか置かないっていうので、本当にいい絵本や我が子が好む絵本との出会いは難しいと思う。
我が子の場合、クレヨンハウスのブッククラブを通して「五味太郎」氏の絵本に出会い、絵本作家の中では8年間のファンです。(ぼくはまんが家だぞ。のblogを書いている「りんたろう」の事です)
おもちゃは姿、形と存在さえも忘れ去れていくけれど、いい絵本との出会いと読み聞かせは、子供の心の栄養になって蓄積されていくので、利用してよかったなと今でも思うよ。
皆さんのお子さんにとっても、自分の中の特別な絵本や作家に出会うきっかけになるといいですね。


Posted by たっからさん at 2004年08月03日 23:19
たっからさん、こんばんは〜〜〜\(^o^)/

コメント、どうもありがとうございます!!
たっからさんちも、クレヨンハウスのブッククラブを利用されていたのですか!!
クレヨンハウスが、東京と大阪の二店舗しかないせいか、クレヨンハウスとブッククラブの存在も、
知ってる人は知ってる、みたいな感じですよね。

でも、なんといっても、絵本屋さんでは、クレヨンハウスは老舗ですし、
ブッククラブもかなりの実績ありますから、ぜひ、多くの方に利用していただきたいサービスですよね。

五味太郎さん、ももすけも好きです〜〜〜!!
五味さんの絵本は、見てるだけで、ホント、楽しいですよね!!
Posted by ももすけ at 2004年08月07日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405679

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。