2005年01月21日

「子供ってなんだろう?」

今日は、「CHILD-LIFE」のたあさんへメルマガの感想として送った中から、ちょっと抜粋しちゃいました!
最近、なまけ気味のかめです。すみません!

毎日新聞の記事で、子供が欲しいか、というようなアンケートを行った結果を記事にしていました。
子供が欲しくない、という人がアンケート結果では、23%も。

http://www.mainichimsn.co.jp/kurashi/katei/news/20050109ddm001040084000c.html

そうだろうなぁ、と思うのと、こんなことでいいのか?という悲しい気持ちで複雑です。
実際、私自身も子供を産むまではとても悩みました。

そんなに子供好きでもなかったし、自分の自由になる時間がなくなるのはとてもイヤだったし、なんといっても、ちゃんと育てていけるのか、ホントに子供をかわいい
と、愛おしく思えるのか、って不安が大きかったな。

でも産んでみてビックリしました。
後から後から湧き出る、この愛おしさは一体なんだろう。
どんなに言葉で言っても言い尽くせない、大切な存在。
この子のために何をしてあげたらいいのだろう、と真剣に考えられるその存在。
そして、それは自分の子供に留まらず、他の子すべてに向けられるようになったこと。


だから、子供の悲しいニュースを聞くと、本当に胸が締め付けられます。

今でも私自身、育児に悩み、まだまだ足りないところばかりだけども、いつでも真剣に子供達がどうしたら未来に向かって明るく生きていける大人になれるだろう、
どうしたら人間として、ステキな人生を送っていけるような人になれるだろう、と思いながら日々を送っています。

今、ホントに私の1日は子供達のことで1から10まで埋め尽くされています。けど、それが嬉しくもあり、楽しくもあり。辛いことも確かに多いです。そっちの方が数的には多いかも。

でも嬉しく楽しいことは中身の濃さが違います。9個の辛いことも1個の嬉しいことで
「9個の辛いこと帳消し+明日への活力」もみなぎります。

そういう時こそ、子供のかわいらしさ、愛おしさがキューと胸に迫り、どうしようもなく幸せな気持ちにしてくれます。

だから、安易に子供っていいよ!なんて言えないけど、そういう気持ちを他の人にも味わって欲しいです。
そういうステキなことが、子供欲しくない人達にはわからないんだと思います。かつての自分がそうだったように。

私は出身が沖縄なんですけど、沖縄の人たちは子供に、子供を持つ親に、とても気さくに声をかけてくれる人が多いと思います。

上の子が1才くらいの時に帰省した時、あるドラッグストアのレジのお姉さんからこう言われました。
「子供は3才までに親に恩返しをするんだよ」
なんでも、3才までの天使のようなかわいらしさが、その後の様々なことを帳消しにしてくれる、と。後は親が子供に返す番なんだということでした。
その3年間で子供からもらったものは計り知れないくらい大きいってことですね。

確かに〜という感じでした。3才すぎてもいかにその子の中のかわいらしさを見つめてあげられるかっていうことも肝に銘じておきたいですー。

とにかく子供を産めば世界が変わる、自分のやりたいこととは離れるかもしれないけど、それ以上にスゴイことをやれるし、得るものも大きい、と声を大にしたいです。
また、子供と一緒に親も人間として大きく、そして本当の大人として成長していくんだってことも。

もっともっと子供が増えて、そして、兄弟姉妹もせめて3人、というように世間が流れていけばいいな、なんて思います。

posted by かめぽこ&ももすけ at 12:36| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感ですねぇ。私も母に言われましたよ、3歳までに一生分の恩返しを子供はしてしまう、って。
2年生の生活科の単元で、「大きくなったね」ってあるんですよね。
0歳から8歳までの自分を、写真とともにふりかえり、おうちの人に、当時、どんな様子だったか書き留めてきて発表するんです。
あれこれ、写真を眺めながら、
「よく泣いたねぇ」「トマトが好きだったねぇ」「おかあさんと一緒に合わせて踊ったり唄ったりしてたねぇ」
「ベビーカーでお散歩するのが好きだったねぇ、お兄ちゃんは逆で、ベビーカー嫌いでいつもおんぶだったっけねぇ」なんて話していくんですけど、泣くほどつらかったこともあったはずなのに、年子のダブル夜泣き2年半とか、おむつはずしで家中ウンコだらけになったとか(笑)、台所中にサラダ油をイタズラで撒かれる、とか(^_^;)
不思議なくらい、「事実」は覚えているのだけど、辛かったキモチって忘れてしまうんですよね。
子供の力ってすごいですよね。

自分が自由に使える時間やお金も、
何のためなのか、目的がなきゃつまんないもの。

健康な体を持っているなら、親が自分を産んで育ててくれた恩返しは、血とつないでゆくことですべきだと思います。
世の中には欲しくてもできない人がいるだけに、可能性を持っている人は、
まず1人産んでみてほしいですね。

私は残念ながらせっかく若いのに(笑)持病でドクターストップがかかってしまって2人で打ち止めなので、自分の子たちが将来子供を好きなだけ産めるように、いっぱい手助けしてやりたいなぁ、なんて思います。
Posted by ルー at 2005年01月27日 21:35
ルーさんこんばんは!コメントありがとうございました。
ホントに、欲しくてもできない人、
いろいろ事情があって産めない人もいる
と思うと、子供と共に歩める可能性を持って
るなら、ぜひその可能性に目を向けてほしい
ですよね。
でも、これは女の人だけに言っているのでな
く、男の人も同様ですー。
Posted by かめぽこ at 2005年01月28日 23:10
ほんとですよね、男性と女性、揃ってはじめて子供が生まれる可能性が出てくるんですもの。育てるのも、同じですよねぇ。
女性が、多少ためらいを見せても、
俺がなんでも手伝う、一緒に育てよう、だから俺の子を産んでくれ!なーんて
言われたら、感動すると思うなぁ。
有言実行で、ね(笑)
幸い、我が家の夫は超にドのつく子煩悩で、ハゲてても、水虫すごくても、いびきうるさくても、イケメンから180度のところにあっても、感謝、感謝の日々です。
Posted by ルー at 2005年01月29日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。