2004年12月17日

「サンプルケーキ事件」

先日、近くのショッピングセンターで買い物をしていたら、クリスマスのケーキ予約のために、ガラスケースに見本のケーキがずらっと並んでいました。

マロはずっと前からそれを近くでよく見たい、と言ってて今日ようやくそれがかないました。

「うわー、ケーキおいしそうだねぇ」と言いながらしげしげとケーキを眺めては、ガラスケースにびったりと顔をくっつけています。

 

しばらくはゆっくり見せてやろう、と思って私もほんのちょっとその場から見える別のものを品定めして、視線をマロに戻すと、

 

今まさにマロの手がガラスケースを開け、ケーキにさわろうとしているところでした。

 

「やめなさい!」といい終わらないうちに、マロの手は見本ケーキのクリームに...。

その途端、マロも私も一瞬アッと口を大きくあけ凍りついてしまいました。

なんとその見本ケーキは、樹脂でできたものではなく、本物そっくりにちゃんとクリームで飾られていたのです!!(クリームはクリームでも食べられないものですが)

しばらくの間、硬直状態でまさにサボテン。

次の瞬間とった行動は・・・バシッ!
マロのおでこ近くを叩いてしまいました。
「どうしてそんなことするの!」

もう、気が動転して自分でも“あー叩いちゃった!”と思うんだけど、とにかくどうしよう!という気持ちが大きくて。
急いで、ガラスケースの戸を閉めました。

近くをちょうど店員さんが通ったので、呼び止めて謝りました。マロも促すと「ごめんなさい」と謝ります。

店員さんは「大丈夫ですよ。いいですよ」と言ってくれました。何度も何度も頭を下げて、マロの指の穴がついた見本ケーキの場所を後にしました。

しかし、それにしても私の対応のまずさには、自分であきれるほどです。マロもケーキに指をつっこんだ瞬間から、「あっとてもいけないことしちゃった!」って思っていました。それは見ていてもよくわかりました。

 

そして、それと同時に「どうしよう、ママ」って言葉にはしないけど、全身でうったえていました。
それなのに「バシッ」なんて、どんなにか辛かったことか。

こういう、子供がなにかやらかしてしまった場面で、子供自身が「悪いことした」と思っている時に、それを追い込むようなことは良くないです。

 

ただでさえでも悪いことした!どうしよう!ってショックを受けているのに、親からとどめの一撃をくらっちゃったら、撃沈しちゃいます。まちがいなく。

 

親はこういう時こそ、ドシッとかまえて静かに落ち着いてフォローしなくちゃいかんです。

 

マロに帰りの道すがら、もう大丈夫だから、ママも謝ったし、マロもちゃんと謝れて偉かったね、マロもびっくりしたね、
ママもビックリしてつい叩いちゃった、それは悪かったね。ごめんね。

店員さんいいですよって言ってくれて良かったね。...、と言いました。そして気持ちを落ち着けるためにチョコレートをひとかけ、2人で半分ずつ食べました。

そうするとやっとマロも、口を開きました。
「ケーキね、レストランにあるものみたいに硬いものでできていると思ったの。それで触っちゃったの。そしたらクリームに指が入って、ビックリしたの...」

「次からは勝手に触らないようにしようね」

 

「うん」

そうしてマロは元気を取り戻しました。

私もこんなことくらいで、こんなに取り乱すなんて、よっぽど了見が狭いのかなぁ、と自分でも反省しきり。

それにしても、あの時の店員さん。穏やかに微笑みながら許してくれて、本当にありがとうございました。

 

でも、店員さんもその時まで知らなかった事実。
「あ、ケーキ、ホントにクリームなんだぁ」
のんびりしたその言葉にさらに救われた思いでした。

posted by かめぽこ&ももすけ at 16:23| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 かめぼこさんのお話っていいな〜。
 解りやすい。情景が浮かんでくる。うんうんとなって読み込んでいました。

 自己分析力もあります。

 わたしも同じことをしただろうな。子どもの気持ちを考える余裕がない自分を感じる時があります。

 まだまだ未熟者ダ〜いつ成長するの?ッて感じです。

 チョコを半分に分けて食べたのがジーンときました。
Posted by aiki at 2004年12月18日 07:49
ホントに私もいつも未熟者ですよー
子供と一緒に成長したいです。
Posted by かめぽこ at 2004年12月19日 23:18
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくです(*^_^*)
そう、気づくのが遅くなってごめんなさい!!
間違ってメアドを名前欄に書いてしまわれたところ、削除しておきましたから、ご安心くださいね。

でも、かめぽこさん、立派ですよ。ほんと。
私ならあほかおまえわ!!と角生やしそう(汗

きっと、いい経験になりましたね(*^_^*)
いけないことしちゃった、ってちゃんとわかる
お子さん、とても立派です。
お母さんも人間らしくて、いいんですよw
きっと、何年かして、このお話をお子さんにしたら爆笑でしょうね。いい思い出になるでしょう。
Posted by ルー at 2005年01月04日 22:51
あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いしますねー。
ううう(TOT)ルーさん、励ましのお言葉、
ありがとうございます!!
「何年かして子供に話したら爆笑・・・」
そうですよね。なんだかそういうことを
考えると、子育ての重荷もやわらぐような
気がします〜!
Posted by かめぽこ at 2005年01月09日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1321973

この記事へのトラックバック

子どもを叩かない
Excerpt:  わたしは子どもを叩いたことがります。(反省。)叩いた理由は些細なことです。自分の感情で、叩いてしまいました。  一度子どもを叩くと習慣化します。 『二度と叩かない』という強い決心が必要です。..
Weblog: のびのび☆幼児っ子の日記
Tracked: 2004-12-18 07:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。