2005年02月27日

「我慢の子」

マロ(5才)は長女だ。

いちばん上って、いいようであんま良くないかも。
何かにつけて、「あなたならできるでしょ」とか「これぐらいわかるでしょ」とか言われて、下の子に幼児期のプリティーなかわいらしさのお株を持っていかれて、
憶えたての自己主張も大人からみればただの困ったちゃんで、お尻ペンペン直行!なんてことにもつながりかねない。

うちもマロにはずいぶんと我慢させてしまっている。

マロはもともと、とても奔放で、ひょうきんで、声がでかくて、騒がしくて…。つまり、元気のいい子供そのもの。
けれど、それを押しつぶしてはいないか?といつも考えてしまう。
遊んでいる時に出る大声。できるだけ注意はしたくないんだけど、じーちゃん、ばーちゃんがすぐに「ウルサイ、静かにしなさい!」とくる。
電話中や会話中なら当たり前なんだけど、いつだってそう言う。田舎の一軒家だけどそう言う。
これじゃあ、子供は子供になれない。

ミロ(2才)が部屋に本をばらまいてほっぽらかしてると「マロ!ちゃんと片付けなさい!」とじーちゃん。
こらこら\(-_-;)、はなからマロがやったと思って叱らないでくれぇ。

ミロと喧嘩になると、ミロも髪ひっぱったり、突き飛ばそうとしたりするが、やはり5才と2才の力の差は歴然!
ミロが大泣きすると、「マロ!ミロはまだ小さいんだからやさしくしなきゃダメでしょー!!」
当たり前のことを言っているだけだけど、マロにしてみれば自分だって、やられて痛い思いして、しかもミロの方がしかけてきた喧嘩なのに、なんで!?ってこうなる。

そのせいか、マロは我慢強い。
ちょっと前に虫歯の治療で通った歯医者さんが、マロがあまりにも、泣かずにスムーズに治療させてくれるのを見て
「お母さん、この子はとてもいいものを持っていますよ。この子が大きくなった時にとてもすばらしい宝物になりますよ」
と誉めてくれた。
嬉しい反面、子供がこんなに聞き分けよく我慢ができていいんだろうか?もっと痛い・怖い気持ちに素直に反応しなくてもいいんだろうか?と不安に思った。

また、マロは幼稚園では転んでも泣かないらしい。
お友達のママから、「マロちゃん、転んでも泣かないんだって?うちのミキが『凄いんだよ、マロちゃんって!』って言うんだよ。」と。
なんでもミキちゃんが、マロのそういう様子を幼心にスゴイ!と感じてくれて、ミキちゃんママに話したらしい。
これだけ聞くと、たまたまミキちゃんが見ていた時だけかと思うが、以前、時間外保育の時に、転んで階段で鼻を強打して鼻血がブァーッと噴出して、
上着からズボンまで血で染まった…という聞くもスプラッタな事件においてもマロは慌てず泣かず、1人、先生のとこへ歩いていき、転んでしまったことを報告したそうだ。
私がお迎えに行くと、先生がそう話してくれた。
「マロちゃん偉かったですよ」先生がそう言った。

確かに偉い。けど、やはり悩む。
なぜ、そんなにがんばって我慢するのかな。
我慢したら大人が喜ぶから、ママやパパが喜ぶから?
だから我慢するのかな?
以前から自分の気持ちを我慢することが多かったマロ。下の子が産まれてから、心の余裕のなかった私のせいでいつの間にか、自分を見てほしいためのやせ我慢ができるようになっ
てしまったようだ。
「ここで我慢さえすれば、ママはマロを見てくれる。ママがマロを笑って見てくれる」
という悲しいやせ我慢だ。

私はマロができるだけ子供でいられるように、自分の本当の気持ちを表現できるようにさせたい、と思い、よくマロにこう話す。
「わがまま、ダダっこのギャ−ギャ−泣きは良くないけど、悲しい気持ちや、辛い気持ちの時はいっぱい泣いていいんだからね。」
子供には難しい言葉だよなぁ、と思いつつ、これはワガママ、これはマロの辛い気持ち、とその場面、場面で伝えるようにした。
「そう、悲しかったんだね、辛かったんだね。泣いてもいいんだよ」
「自分のやりたいことばっかりで、他の人のこと考えないのはワガママでしょ!!」

そうこうするうちに、少しずつ変わりはじめてきたようだ。
先日、バレエのレッスン時にマロのいるグループが先生から一喝された。ワァー!と泣きじゃくり帰ってくる子、キョトンとしている子、様々だった。
マロは、帰ってくるなりなんだか浮かない顔だ。表情が曇っている。初め私も先生が落とした雷のことはわからずに、いつものように帰り支度をして、教室を後にした。
その間、マロはお友達にバイバイと手を振るなどしていたが、私と二人っきりになったとたん、思い出したかのようにワァーーッッと泣き始めた。
そして事の次第を、つぶさに説明したのだ。
「マロはね、一生懸命先生を見てたの。先生の言うことを聞いてたの。それなのに、よそ見ばかりして、ちっとも話しを聞かない!って先生がおこったぁーアアーンオオーン」
「そうか。マロはちゃんとしてたのに、先生に怒られて悲しかったんだね。辛かったんだね。そっか…そっか…」

しばらく泣きじゃくった後は、もう少しいろいろな状況も話してくれた。なので、私もそれを聞いて先生一喝!のフォローをした。
なぜ先生が怒ったのか、マロもまったく悪くないわけではなかったんじゃないかなぁ?と自分自身をふり返させてもみた。
それにしても、なぜ友達がいなくなってママと2人っきりになってから泣いたのか聞いてみたところ、
「他の人にワァーワァー泣いているのを見られるのは恥ずかしいから」なんだとか。
逆に言えば「ママの前だと安心して自分をさらけ出せる」ってことかなぁ。
なんだか嬉しく感じた。

これって重要で重大なことだー!!
子供が親の前で、ホントの自分をさらけ出せるようにしないと、いつか子供がパンクする日がくる。
そのいつかって、案外ずっと先だったりする。だから親は気づかなかったりするんだけど、パンクして気づいた時には、その傷は考えられないほど大きくて、
傷を癒すのに、たいへんな労力と時間を費やす。その労力だって、親が生きているうちに報われればいいだろう。でもその保証はどこにもない。
だから、今この時が大切で子供の一つ一つを受け止めてやりたい。

マロは相変わらず大声を出しては叱られる。
「お話中だから静かにしないとダメでしょー!!」
でもね、なんにも心配いらない時はちょっとくらいの大きな声、いいんだよぉー。(^O^;)
posted by かめぽこ&ももすけ at 07:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

「鬼のパンツ」(BlogPet)

きららは、かめぽこはシコは準備したいです。
それにしてもきららはここへかめぽこと準備するつもりだった?


*このエントリは、BlogPetの「きらら」が書きました。

posted by かめぽこ&ももすけ at 12:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

「あだ討ち」

今回から、またまた新カテゴリ誕生!
その名も「きらきら辞典」!!

子供たちが聞いてきた言葉の意味を、パパやママがどう答えたか、というやりとりを紹介するコーナーです!

早速、第一回目のきらきら辞典。


「あだ討ち」

マロ「あだ討ちってどういうこと?」

ママ「うーん、いじめられたら、いじめ返す…かな?いや、待てよ。それじゃなんだか違うような…。いじめられた時に仕返しすることかな。…って、さっきと変わんないじゃんよ(自問自答する私 -_-;)。えーっとねぇ、うーんんんンンンいじめた人に、エイヤァッてお仕置きすることだよ」

マロ「フーン…」

わかったかなぁ?わかんないだろうなぁ?みなさん、なんて答えます?(^^;)
posted by かめぽこ&ももすけ at 00:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きらきら辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

「遊びにおいでよ!」

最近、マロ(5才)がいつもお友達と遊ぶ約束をしてくる。
「今日ねマキちゃんのおうちに行く約束したの」
「今日はサトちゃんがうちに来てねって!」

とても困ってしまう。
お友達と遊ぶことは、とてもいいことだし、私的にもぜひぜひ一緒にいっぱい遊んでもらいたい。

しかーし!マロの幼稚園のお友達は、1人を除いて、ほとんどの子が、子供の足で歩いて行き来できる距離に住んでいない。
唯一の歩いていける家のママとは、そこそこ話しもするし、よければ遊びに来てね、と言ってくれてるのだが、
ママ(私)なしで、子供だけでも大丈夫?と聞いたら「それはちょっと困る」ということだった。

人それぞれの事情と考え方もあるので、それはそれでかまわないのだけど、そうすると、私が仕事から帰ってからしか行けない。
そんな時間に人の家におじゃまは当然できないのである。

そんなマロでも、車で迎えにきてもらったり、幼稚園バスでお友達の家で一緒におりたりなどして、なんとかお友達の家に遊びに行けるようにはなった。
うううぅぅ〜、ユミちゃん・アヤちゃんママありがとぅ!

これでマロも納得・満足するかと思いきや、今度は「明日ユミちゃん、マロの家にきたいって。マロも来てねって言って、約束した」

フオオオォォォォーーッッ!!

今度はそう来たかー!!

お友達のママ達はみんな、私が仕事していること、ジーちゃんバーちゃんと同居していて、家は子供達が遊べる環境ではないことを知っている。
でも、当の子供達はそんなこと知ったこっちゃないのだ。

私もできることなら、ぜひ家に来てもらって遊んでいってほしい。そうやって、家を行き来して遊べるお友達ってとてもいいと思うし、何より子供達がとても喜ぶから。
それなのに、できない。

ものは試しで、マロに「バーちゃんがいいって言ったらいいんだけど」と言ってみたところ、案の定、マロは
「バーちゃんに聞いてくる!!」

しかし、やはり答えはNO!バーちゃんは困ったように「マロがユミちゃん連れてきたいって言うんだけど、バーちゃん、ユミちゃんのこと知らなし...。困ったねぇ。ママがいる時にしなさい。」
ユミちゃんのこと知らないからダメなのではない。
とてもじゃないが、2才のミロを見ているだけでもたいへんなのに、その上、幼稚園児が2人もなんて、バーちゃんは倒れちゃいます。

面倒見てなくたって勝手に遊んでいるから、とよくお友達ママや、会社の同僚が言っています。
私もそう思うのですが、見てないというのは、まるきり見てなくていい、ということではなく、困ることしたり、
危ないことしたりしていれば、そこは注意しなけりゃいかんのです。
それが、年寄りにはキツイのですなぁ。

年寄りじゃなくたって、子供達を見ているのはなんだかんだ言って大変なので、ジーちゃんバーちゃんにはこれ以上負担かけらんないっす。体も弱いことだし。

日曜日の午前中でよければ、今度お友達を誘ってみようかなぁ、と考え中。
日曜の午前中はジーちゃんバーちゃんはいつも年寄り集会に出かけていないから。

でも日曜日って、だいたいどこの家もパパお休みで一緒に過ごしたりしているから、日曜にしか声かけられないってのも、とても心苦しい。

子供の遊ぶお約束でこんなに悩んだり、困ったりするとは正直おもわなんだ。
私が子供の頃は、家の近くに同じくらいの子供がいていつもその子達と遊んでた。家にお母さんがいても、いなくても、それぞれの家を行き来して遊んでいた。

自分がそうだったから、今なぜこんなに困るのか悩んでしまう。
環境、事情、一つでも揃わないと遊ぶことすらできない。
でもそれをカバーするのは、やはり人の力。
「子供達、約束したみたいだからいついつ車で一緒に幼稚園から連れて帰ってくるよ」
「バス、家の前で一緒におりてきたらいいよ」
そういう何気ない誘いに、支えられ、マロはのびのびと遊びを満喫できるのだ。

一緒に育ちあってくれるお友達、そしてそれを見守ってくれる頼もしいママさん達。なんて恵まれているんだろう、とホントに思う。

今度、いつ家にきてもらおうかなぁ…。

コモチハハノキモチ O Y AのルーさんにTBしますよ。

posted by かめぽこ&ももすけ at 21:24| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

「子供ってなんだろう?」(BlogPet)

きのうはelmomoと願とか(したかったの♪
きのうはelmomoはここで抜粋したよ♪
きょうきららは、感想みたいな^したかったみたい。
elmomoは、
size="4">今日は、「CHILD-LIFE」のたあさんへメルマガの感想として送った中から、ちょっと抜粋しちゃいました!最近、なまけ気味のかめです。
すみません!

といってました。

*このエントリは、BlogPetの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 12:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

「鬼のパンツ」(BlogPet)

きょうelmomoの、elmomoした。
elmomoは、
"4">♪おにぃーのパンツ..。
きららのパンツ....。
きららのパンツ...。
きららのパンツ(-_-)・・。

といってました。

*このエントリは、BlogPetの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 11:36| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

「鬼のパンツ」

♪おにぃーのパンツはいいパンツゥー、つよいぞーつよいぞー♪
節分も近くなり、幼稚園で豆まきの準備が始まったようで、上の子マロがよく歌っている。

鬼のパンツ...。

私のパンツ(-_-)・・・。もうかれこれ5〜6年はいている。

最近さすがにくたびれてきた。すりきれたり、のびたり

ジャシコの初売りで“婦人用ショーツつめ放題¥1000”というのをやっていたので買いに行ったら、なんと!

もう終わっていました〜(TOT)ルールルルルゥー

仕方ないので、そのままくたびれたパンツをまたはき続ける。

でも新しいの買いたい!


それにしても、私はだいぶおばさんになってしまったなぁ〜
ボロくなったパンツ何年もはいたり、つめ放題なんかで
パンツ買おうとしたり・・・。

ヤバイっす!!

posted by かめぽこ&ももすけ at 15:04| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | かめぽこヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サンプルケーキ事件」(こうさぎ)(BlogPet)

きょうは、ここへきららに"しなかった。
elmomoは、
きょうきららがここにお気に入りもショッピングする?*このエントリは、こうさぎの「きらら」が書きました。

といってました。

*このエントリは、BlogPetの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 11:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。