2004年11月23日

ゆめの中に未来あり?

この間、初めてハリーポッター(と賢者の石?)をほんの10分くらい見ました。

ハリーがほうきに乗って、なにやらクロケットみたいなスポーツの試合をやっていました。

その後、クリスマスプレゼントに亡くなったお父さんの形見ともいえる、透明(?)マントをもらう、ってところらへんまで。

某電気屋さんの、大型テレビコーナーで、大迫力画面に釘付けになりました(^O^;)>”

私以外にそれを食い入るように見ていたのは小学校3〜4年くらいの男の子2人。

今どきの子は、こういうファンタジーの映画みても“子供だまし”なんて子供なのにバカにするもんかと思っていたけど、

その男の子たちは、自分達がハリーになったかのように「次はこうだ!」「この次はこうするんだ」と夢中になっていました。

それを見ると、あー良かった、とちょっと安心。

空想、と言われればそれまでだけど、その中に広がるのはまぎれもない現実だってある。

人間の心のヒダは、空想なんかじゃない。出てくる人物や、やっていることが空想でも、人の心の動きは本物だよね。

悲しくて泣いたり、楽しく笑ったり。

作られたお話の中でどれだけ、その心に触れられるかって大事だと思います。

また、そういう夢を見ることだって、将来生きるために必要なんじゃないかなあ。

あくまでもお話しだけど、自分もこうなりたい!こうしたい!っていう憧れをもち続けて、いろんなことをやってみる。

それが大人になった時に、実生活の中で力を発揮するのかも。

「こういうことやってみたいなぁ、こうしたらできるかなあ」と思って、いろんなことやって、いろんな知識をつけて。

そういう想いから出た行動は、その人をキラキラと輝かせるもんね。

キラキラの人が生活を楽しみ、人を愛し、そして自分の得たものを人へと還していく。

今私達の生活の全てのものは、そういう夢を見ることを忘れなかった人達が作り出したものなんじゃないのかな。

いわゆる偉人って人達は、みんなそんな感じなんじゃないかなぁー。

車や飛行機とか昔はただの夢まぼろしでしかなかったのに、今はまぎれもない現実だもんね。

子供も大人ももっとステキな夢をみましょー!

そして大人は子供の夢をバカにすることなく、一緒に楽しみましょー。

posted by かめぽこ&ももすけ at 17:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Happy My Birthday」(こうさぎ)

きのうはとこみたいな買い物した。
きょうきららがいとこも連絡したかったの♪
きょうきららが家人を"したかも。
elmomoは、
もうすぐきららの誕生日。
ここんとこ、自分でもそのことを忘れたりするくらい、家人には祝ってもらってないし、きらら的にも嬉しいような悲しいような悲しいような悲しいような複雑な日となっちゃた。
 子供の頃はよかったぁーねぇ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 11:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

「Happy My Birthday」

もうすぐ私の誕生日。

ここんとこ、自分でもそのことを忘れたりするくらい、

家人には祝ってもらってないし、

私的にも嬉しいような悲しいような複雑な日となっちゃた。

 

子供の頃はよかったぁーねぇ。ただひたすら嬉しいんだから(´_`)フッ

いくつの誕生日だったか、その年はなぜか誕生日をいいホテルでお食事、ということになった。

みんなでいい格好をして、ちょっとおすましして席について、自分達でメニュー選んだかは憶えてないけど、

そのおフランスレストランのお子様ランチを3人(うちは3人姉妹でっす)ともとってもらった。

しずしずと、タキシード着たおにいさんが、私達の前におフランス的なお子様ランチをおいてった。

今なら、泣いて喜ぶ豪華メニュー。

しかし、そこは庶民のガキん子。

お上品な味がまるきりわからなかったー!!

ぜんぜんおいしくない、と言ってどれもこれも少しかじっただけで食い散らかし状態...(-_-;)

そこへ、デザートの“ばばろあ”なるものが登場!

初めて口にしたんだけど、そのおいしいことったら!!

デザートのおかわりはないというお店の人に無理いって、“ばばろあ”のおかわりを持ってこさせてしまったのよ。

こん時は親もすっごいハズカシかったろうなぁ...。

でも私はこれだけでとても満足できたよ。

...なんて言いつつ、帰りにはちゃっかり星砂の入ったランプ型のかわいい置物をプレゼントとして買ってもらっていた。(^o^;)> イヤァーアハハハ...。

posted by かめぽこ&ももすけ at 01:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出きらきら★彡宝箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

「コドモの理由」

ちょっと前にいとこのイクちゃんが遊びにきました。

時々遊びにきて泊まって行ったりもします。

マロとはとても仲が良く、2人でいるとものすんごくにぎやか。

イクちゃんママは、いつ見てもとても厳しい人です。

ちょっとしたことでも、すっごい厳しく、というかはたから見ているとそこまでキュウキュウに追い詰めなくても...というくらいに厳しい。

小さくて、まだいろんなことがちゃんとできない子供に対しガァーッと責めまくる。

イクちゃんママはこう言います。
「みんながよってたかって甘やかすから、ダメなんだ!」

普通に話している時のイクちゃんママは、やっぱり子供のことを愛する普通のママさん。

ただ、なんか違う...と思うのは、子供に大人レベルの立ち居振る舞いを強要し、できない理由をわかろうとしないこと。

「他人の前に1人で出しても恥ずかしくないように」
と常々思って、躾をしているらしい。

でも、3〜4才の子供がいつも完璧にそんなに何でもかんでもキチンとできるなんてこと、在りえない。

それは小学生とか中学生、高校生だってそうだ。幼稚園児よりアカン!っていうような高校生だって、いっぱーいいる。(それはそれで大問題だけど -_-;)

大人からすると、なぜそんなことをちゃんとできないのか、ちゃんとやろうとしないのか?ってイライラする。

でもその中には、その時期特有のものもあると思う。
どの年代の子供らにもそれぞれ、その時期特有のクセがあって大人からみたら、どうにもしょーもない、くだらない、無駄、なんでそうなんだっていうようなことばかりだろうけど、その時にそういうことをいっぱい経験しておかないと、そういうまわり道を歩いてこないと、わからないことがたくさんあるんだよね。身につかないことがあるんだよね。

ただ、だからといって何でも許されるわけではないけど。
これは絶対に人として踏み外したら、いかんだろ!
っていう所をしっかりと押さえて、また日々子供とのコミュニケーションもしっかりとって、信頼関係を太く大きく保つよう、そういうところで親は努力した方がいいんじゃ
ないかな。

イクちゃんは、いつもキツク責められて責められて、最後には泣き出します。

そんなイクちゃんが、お泊りして私達と一緒に寝たときに、突然ボソッとこう言いました。

「ママはいつも怒ってばっかりで、きらい...」

3才のイクちゃんが、そう言ったのです。

私も、マロ・ミロには毎日のように雷を落としています。
パパにも「そんなことくらいでヒステリックに怒るな」と言われたりもします。

そんな時、私は私なりの正論をぶちかまします。
「何度いってもダメだからでしょー!!」

そう、子供って何度いったって、すぐに言うことをきいて、大人の言うとおりになんて、動かないのです。

子供には、小さいながらもそれなりの理由があって動いています。とりあえずは、その子供なりの理由を受け入れてやって、その後ダメなことはダメと、言ったほうがいいようです。

そして「そこですぐにできるわけではない」ことを、よーーぉぉぉくよく親が理解し、また何度でも何度でもくりかえし伝える、ということを惜しまずやる!ことが大切なんですよね。

私自身、それがちゃんとできているわけではないし、偉そうに言えたりもできない。けど、努力はしてる。

かつて自分自身が幼かったように、何もかもが未熟だったように、子供達もいまそうなんだと。

小さくてもいつも何かを感じて、思って、生きてきた記憶がちゃんとあって、そして今の私がいる。

 

子供達の言葉に耳をすまし、そして一緒に大きくなれたらいいなぁ。

posted by かめぽこ&ももすけ at 01:43| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

「オウエン」

近所でいちばん大きいショッピングセンターに長女マロと買い物にいった。
しばらく歩いているとプップッと館内放送の案内音が。

「業務連絡です。食品レジのおうえんお願いします」

すると、マロ

「ねぇーママー、食べ物のレジのとこで、みんなでフレー!フレー!がんばれがんばれ!っておうえんするの?」



*********************** ****** **** **
ついマジメに「レジのお手伝いしてってことだよ」と教えてしまったけど、あの時「そうだよ。フレーフレーって応援するんだよ。マロも行ってきな」って言えばよかった...(笑)

 

 

トラックバックピープル、「きらきら学園★彡」に、トラックバーーック!!

トラックバックピープル、「きらきら学園★彡 」では、子供たちのおもしろい言葉や行動を、随時募集しています!

みなさんも、何かあれば、ぜひ、トラックバックしてくださいね(o^-')b

トラックバック先URL:http://member.blogpeople.net/tback/00466

posted by かめぽこ&ももすけ at 21:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | きらきら★彡日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

心と体のバランス(こうさぎ)

きららが教師へ"したよ♪
elmomoは、
"4">「最近は、物

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 11:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

沖縄の食べ物、随分身近になってきました。(こうさぎ)

きょうきららが毎日は地震みたいな7するつもりだった。
きのうは新潟で番組みたいな帰するはずだったの。


*このエントリは、こうさぎの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 11:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

「ちょっとした成長に・・・」

最近体調がすぐれず、つい先日も2日間寝たきりに。下痢はするわ、ゲロは吐くわ。おまけに目まいがして。何かにあたったか?と思ったけど、家族と同じ物しか口にしてないのに...?

そうやって寝込んだ時に、ミロはじゃれついてくるばかりだけどマロは、やはりオネーサンですねぇ。

「ママ、大丈夫?マロが絵本よんであげるね。何がいい?」
「ママ、気持ち悪いの?マロが背中しーしー(背中をさすること)してあげるよ。腰ぎゅー(マッサージ)しようか?」

おおおぉぉぉー・・・(TOT)、マロありがとう・・・。
こんなにやさしい子に育ってくれたんだね。
絵本を選んだマロは、途中途中でつまづきながらも最後まで楽しく読んでくれた。
そして、ママの腰ぎゅーをしたり、背中をさすったりして一生懸命、看病(?)してくれた。

「ママ、はやく元気になってね。明日の朝には元気になってるかなぁ?」

また、昨日もこんなことが。
幼稚園の延長保育にマロを迎えにいく途中、石焼いも屋さんをはっけ〜ん!マロの大好物の焼きいも。そこで買おうかと思ったけど、直接焼きいも屋さんから焼きいもを“買う”ということもマロの楽しみになるかと思い、そのまま素通りして急いでマロ
をお迎えした。

マロを乗せて、さっきの焼きいも屋さんを探すと、いたいたー。良かった!早速、車をユーターンさせて焼きいも屋さんをおいかけようと慌てまくる私にマロは、
「ママ、買えなかったら、いいからね。」

え〜っっ!!せっかく焼きいも屋さんを見つけて買えそうなのになんでぇ!とガックリし、マロに聞いてみた。
「マロ、焼きいも食べたくないの?マロは絶対ほしいって言うかと思って追いかけてきたのにー」
「違うよ。ホントはいっぱい、いっぱい欲しいけど、買えなかったら、ママ大変でしょ。」

つまり、せっかく追いかけても買えなかったら、ママは追いかけたのに損しちゃって、疲れるからたいへんだ。と言ってくれているのです。

おおおぉぉぉー・・・(TOT)、マロありがとう・・・。

いつから、こんなに気を配れるようになったんだろう、と思った。神経をピリピリさせて気を使う、のではなく、自然に他の人に対して、やさしい気持ちで考えてあげられる。

正直、マロがこんなに大人になっているとは全然わからなかった。大人っていうと変かもしれないけど、 自分が自分がって主張するだけでなく、一緒にいる相手の気持ちをくんであげられるだけの成長。

スゴイなぁ。
でも私はマロのことわかっているようで、わかってない部分が多いのかも。家でギャースカ言っているマロしか知らないから園でどんなふうにマロが、友達とふれあい関わっているのか。

マロの話しと先生の話しだけでは実感できないし、イマイチ見えてもこない。
でも、そんな部分でマロはググーンと伸びているんだろうなぁ。

これからも、もっとそういうふうに子供は成長していくんだと思った。自分の手元から離れている時間に、何をどうしているのかとても気になるとこだけど、あんまり細かいことを根ほりはほり聞かずとも、心にある伝えたいこと、聞いてほしいことをしっかりと聞いてあげ、受け止められるように待っていてあげて、何ごとかあった時にしっかりと手を差し伸べて、共に歩いていければいいのかも。

まだまだ先のことだけれど、マロが私の手を離れていく日のことをふと考えて、なんだか寂しくなっちゃった。(;_;)

posted by かめぽこ&ももすけ at 21:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心と体のバランス(こうさぎ)

きららは"しなかったー。
elmomoは、
"4">「最近は、物

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 11:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。