2004年10月28日

”新潟中越地震”、私たちにできること。

先週の土曜日に発生した、新潟中越地震。一週間たった今でも、大きな余震が続き、亡くなられる方々が続出しています。

毎日のように、テレビのニュースでは、被災地の様子が、流されています。

昨日は、車ごと土砂崩れにあってしまった、親子三人の救出作業が、NHKで、ずっと流されていました。

長男の優太君が、奇跡的に救出されたときは、本当に、「よくぞ、ここまでがんばったね、、、」と、涙・涙で、テレビの前で、エールを送っていました。

そして、お母さんと、長女の真優ちゃんも、きっと、生きて救出されますように!!、

そう願っていたものの、残念なことに、お母さんと、真優ちゃんは、亡くなられました。

(この地震で亡くなられた被災者の方々に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。)

 

今、被災者の方々は、不安と混乱のなかで、大きなストレスを抱えていらっしゃると思います。

同じ日本人として、共に、痛みを分かち合い、離れていても、出来ることをさせて頂きたいと、そう思い、今、ももすけに出来ることは何か、少し調べてみました。

 

・1クリック義援金・・・誰にでもできる「1円募金」がネットの中にあります!
クリックすれば、主催者(もしくは広告主)から1円が中越地震被災者に送られるのです。あなたのお財布に影響は全くありません。ただ、クリックするだけです。

中越地震義援金クリック
http://zai.chu.jp/

 

・救援物資を送る・・・いろいろな情報が交錯していますが、全国からの救援物資が届き、新潟県災害対策本部によると、水、おにぎり、パンなど当面の食料は、被災したほぼすべての市町村で充足してきた状態だそうです。ただ、余震の影響で避難者が増えることなども考えられるので、県対策本部は「物資を送りたい場合、県に相談してもらえば、市町村間の調整も可能だ」と話しているそうです。問い合わせは同本部(025・280・5987)へ。

*昨日の時点で、不足していると情報が入った物資について。

使用期限内の未開封粉ミルク、紙コップ式哺乳瓶、
離乳食用スプーン、賞味期限内の離乳食、
サランラップ、タオル、てぬぐい、ガーゼ、マスク、ポケットティッシュ、おしりふき、ナプキン、ライナー、大人用紙おむつ、下着(新品)、靴下(新品)
未使用の化粧水、ハンドクリーム、リップクリーム(サンプルとかでもOK)、歯ブラシ
ウェストポーチ、ポシェット、リュック
貼るタイプのホッカイロ(お年よりは、カイロをもむことすらできないそうです) 

*下着や靴下を送る場合は、着用される方のことを考えて、新品を送りたいものです。また、現地ボランティアが不足しているため、送られた箱が仕分けできやすいように、箱に、何が入っているか書いておくことも大切だそうです。できるだけ、品別に、送ったほうがいいみたいですね。

 

他、新潟中越地震情報ブログなど。。。

・新潟震災ボランティアblog  http://helpme.ameblo.jp/

・yahoo!ニュースでは各種義援金・救援情報が載っています
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/niigata_earthquake/

新潟復興ボランティアを支援するBLOG

 

ももすけは、物資に関してもそうなんですが、被災者の方々の、心のケアが、たいへん重要になってくると思います。心のケアに関する情報はこちらです。

・ピースマインド〜新潟中越地震被災者のための”こころ”の無料電話相談室〜http://www.peacemind.com/for_niigata.pdf

 

被災者の方々の為に、少しでもお役に立ちたいと、考えている皆様、参考にされてみてください。

posted by かめぽこ&ももすけ at 21:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 管理人ももすけより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の食べ物、随分身近になってきました。

ももすけは、今、東京に住んでいますが、この前、近所のスーパーのお惣菜コーナーで、手作りの 「サーターアンダギー(さとうてんぷら)」を見つけました(*^^*)♪

 

                   

 

できたてホヤホヤでおいしそう♪近所のスーパーで、手作りサーターアンダギーを売っているなんて、うちなんちゅのももすけとしては、とっても嬉しいことです(#^.^#)

気になるお味は・・・沖縄のサーターアンダギーより、もちもち感があって、けっこう、おいしいです♪

このもちもち感・・・何入れているんだろうなァーーー???

 

そしてッ、昨日、ポストに入っていた、宅配ピザ屋さんのチラシに、

 

             

 

タコライス」がああぁぁぁ!!!!!!

タコライスも、東京の宅配ピザ屋さんのメニューになるほど、こちらで浸透してきたんですねえ。

ももすけが、はじめてタコライスを食べたのは、13年前のことですよ。もちろん、沖縄で食べました。すんごくおいしいタコライスで、沖縄でも、こちらでも、そのタコライスを上回る味に出会ったことがありません。

 

最近は、沖縄の料理も、こちら風にアレンジされて、けっこうおいしいものもあるので、この宅配タコライス・・・食べてみたいなあーーーー。

でも、2200円っすよ(T_T)。友達が部屋に遊びに来たときとか、そういうときにしか、頼めないなあーーー。

「タッ、タコライスゥゥゥゥーーーー・・・・」タコライスが夢に出てきて、うなされそうですよ!明日は、近所の沖縄料理屋さんに行って、タコライス、頼もうかな。

 

posted by かめぽこ&ももすけ at 00:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | おきなわどうめい? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

「11ぴきのねこ」(こうさぎ)

きのうはsizeしなかったよ。
きょうはここへアマゾンは"された!
きょう、バトンにマロしたかったみたい。
elmomoは、
size="4">「11ぴきのねこ」シリーズを購入しようかと思い、何気にカスタマレビューをのぞいたら、「全然

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 12:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

心と体のバランス

今日、NHKの番組で、「スポーツを教えてくれる家庭教師」なるものが存在することを、初めて知りました。

そうした家庭教師をお願いする理由は様々です。

「最近は、物騒で、なかなか外で遊ばせてやることも出来ないから、家庭教師をお願いすることで、子供のなまりがちな体を鍛えてあげる」、

「運動神経が鈍くて、このままでは子供が辛い思いをするのではないかと思い、スポーツ家庭教師をつけることにした」、

「人見知りをする子で、大人しいので、スポーツを通じて、外交的になってくれることを希望。また、スポーツが出来るようになることで、自信をつけさせてやりたい。」などなど。。。

NHK教育の夕方の番組で、「からだであそぼ」という番組が始まったときは、今の子供たちは、外で遊ぶことが少なくて、体力があまりないんだなあ。。。と、つくづく感じたものです。

しかし、それは何も、子供たちだけに言えることではなくて、大人にも言えることなんですよね。忙しい毎日の中で、仕事や家庭のことにおわれて、なかなか、運動することができない、というお父さん・お母さん方も多いかと思います。時代が、そういう時代なんですよね。情報化時代で、頭を使うことだけにエネルギーを使いがちで、体を鍛えることが、おろそかになりがちな時代。

 

ももすけは、思うのですが、現代に、うつ病などの精神病や心身症が流行したり、精神的に病んでいる人の犯罪が増えているのも、実は、この「運動不足」に関係があるのではないか、とにらんでいます。

いきなり、話が飛躍してしまいましたが、そう言うのも、根拠があるのです。実は、ももすけは、パニック障害という、心身症を患っています。この病気を治療するために、代替療法になる治療を受けていますが、その先生曰く、

「ももすけさんは、頭で考えることが多い内向的なタイプの人だから、体を動かすといいですよ」と言って、呼吸法にはじまり、ヨガを取り入れた、簡単な体操を教えてくれました。

すると、どうでしょう、ふさぎがちな気持ちが、いっきに明るくなり、開放されていったのです。こんな爽快感を味わったのは、本当に、久しぶり!というほど、とても気持ちが楽になって、癒されたのです。

先生が言いたかったことは、「人間は、心と体が密接に関連して生きている生き物である」、ということです。だから、現代の生活様式にすっぽりはまって生活していると、頭や心で考えることがどうしても多くなり、体を鍛えることが、なおざりになってしまう。体力が弱くなると、人間、どうしても、考え方が、悲観的になったり、マイナス思考になってしまいがちです。ストレスに対する、抵抗力が弱くなってきます。

その結果、様々な、精神的な病が、流行ってしまうのだと思うのです。

大人でもそうなのですから、環境にすぐなじんでしまう、子供たちは、なおさら、そうなっていく傾向が強いかもしれません。犯罪の低年齢化も、そうしたことが、絡んでいると考えられるかもしれません。

体力が弱くなっているなあ、とか、性格が、どちらかというと、内向的で、体を動かすのは苦手だ、そういうタイプの方は、大人も子供も、バランスをとるために、体を動かすことを、オススメいたします。

毎朝、ラジオ体操をして、深呼吸するだけでも、何も運動しないよりかは、随分、気分が明るくなってくると思います。

 

心の力(生きていくための強さ)をつけていくためには、体力も必要なのです。心と体のバランスをとることが、より良い人生を生きていく上での、基礎、土台になっていくのだと思います。

これから、お休みの日は、ちょっとだけ早起きして、お子さんと、ラジオ体操する習慣をつけてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

続きを読む
posted by かめぽこ&ももすけ at 00:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人ももすけより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

「11ぴきのねこ」

こないだ、アマゾンで「11ぴきのねこ」シリーズを購入しようかと思い、何気にカスタマレビューをのぞいたら、
「全然みんな言う事聞かないしやる事卑怯だし、ずるいし、でも何か憎めなくて、・・・」
ということを書いた人がいた。笑った(^O^)!
みんなおんなじように、感じているんだなぁ、と思ったよ。



今日、“童話館”からの配本で、マロ用に「11ぴきのねことあほうどり」が届いたんだけど、
自分用の11ぴきを揃えたかった私には、複雑な気持ち...。

「これって、マロの本だよなぁー・・・。私用にももう1冊欲しいなぁー。でも、同じ本が2冊あるってのもなぁ」

ハアァー揺れるこの想い...(´o`)=3

いーかげんにしろ!って感じ(^^;)?

posted by かめぽこ&ももすけ at 23:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

「育児ノイローゼ」

ミロを産んであとのマロ。かわいそうなことをした。

病院にいる間はマロもいつもニコニコと見舞いにきて、帰りも駄々をこねることなく、さっと帰っていた。
でも、本当はどんなにかママに甘えたかったろう、と今にして思う。

病院から帰ったその日に、始まった。
マロは「ママー遊ぼう!」と言ってじゃれついてきたけど私は体調が最悪な状態で、立ち上がるだけで、目の前が真っ白になり、立っていられなかった。でも産まれたばかりの赤ん坊はおかまいなしに泣いてるし...。

マロと遊ぶ余裕なんて、ぜんぜんなくて、「ごめんね、今一緒に遊べないんだ」
次の瞬間、マロは大泣きした。
「いやだー、いやだー!ママ、遊ぼう。ねぇ、遊ぼうったら!」
泣きじゃくりながらまくしたてるので、「今はダメなの!」
ときつく言うと、今までのマロにはなかったような勢いでそっくり返り、泣きわめいている。

マロは基本的にはおっとりさんで静かな子だ。元気モリモリだけど、静か動かというと静のグループに入る方。(ミロは動です)
そのマロがそっくり返り、何をどう言っても、狂ったように泣きわめくだけで、1時間以上も暴れている。

そんなことが、その日から始まり、一向に収まる気配はなく、それどころか日に日にひどくなるばかり。ついには夜中にいきなり悲鳴をあげて、何をどうしても大泣きし続ける。やはり1時間は泣いていた。

それなのに、パパは海外へ出張で1ヶ月以上もいなかったり。
もう、私も限界スレスレ。いつ手がでてもおかしくない状態にまでいった。

ある夜、出張中でパパがいない時、マロの夜鳴きが始まった。
それにつられるかのようにミロも泣き出した。
どうしても、ミロを抱っこせざるをえない。
マロを先に抱きしめてあげるべきだったのに。
マロはどんどん大きく泣き叫ぶ。
もう、我慢できない!私はミロを抱きかかえながら、

「マローっっ!これ以上泣くな!これ以上泣くと、ママ、マロのことぶったたいちゃう!!」
ほとんど叫んでいた。マロは静かになりボーっとして
「ぶったたくの?マロのこと、ぶったたいちゃうの?」と言った。

マロのこの声は、今でも心に焼きついて離れない。
この時、私はなんて酷いことを言うんだ!と自分でも自分がとても最悪な人間だと思わずにいられなかったけど、もう、自分でもどうする術もなかった・・・。

その後は、なんとか自分をおさえ、マロに寝るように言い、マロを寝かしつけた。
自分に余裕がなく、マロにほとんど虐待行為ともとれるひどい言葉や態度。

どんなにかマロは傷ついたでしょう。マロは、ママが病院から帰ったら、ずっとママと一緒にいられる、いっぱいママに抱っこしてもらえる、と思っていただけなのに。
今、思い出してもマロが不憫でなりません。

そこからすくわれたのは、パパの存在と考え方。
「どっちも同じ子供だろう。同じように可愛いじゃないか」
この言葉と、その行動(どの子に対しても同じように振舞う)にどれだけ助けられたか。
私のミロにばかり向く、愛情のかたよりを、その言葉のおかげで軌道修正ができた、そしてマロに対してももっとスキンシップでもって接して、元の愛情がもどってきた。

私も努めて、マロの体に触れるようにした。マロの体に触れなければ、可愛いという感情も戻らなかったかもしれない。
マロの顔を見て、マロを可愛い、と以前と同じように思えるようになって、本当によかった。

今また、三人目が欲しいと言いつつ、実は怖かったりもする。
また同じような過ちを犯すのではないかと。ミロに真ん中になることで、かわいそうなことをしやしないかと。

でもそんな不安を吹き飛ばしてくれるような、マロの元気な笑い声が、顔が、勇気づけてくれる。

マロ、ありがとね。
(でも、ホントに3人目、できるかは??)

posted by かめぽこ&ももすけ at 20:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

きらきら★彡ハウスに、新しい住人!!(こうさぎ)

きららは、かめは連絡された。
きららは、elmomoがここへelmomoとここでelmomoとここまでelmomoとかめは食事♪
爽やか。

*このエントリは、こうさぎの「きらら」が書きました。
posted by かめぽこ&ももすけ at 11:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

「なんじゃソリャ...!?」の巻

ある日、いきなり上の子マロが言った。

マロ「バトンない?」

ママ「?、バトンねぇー、うちにはないねぇ。(いきなりなんでバトン?)」

マロ「うーん、違う違う。ミトンだ。ミトンちょうだい。」

ママ「??、今の時期にミトンだしてもまだ暑いよ。汚れるから、もっと寒くなったら出すね。」

マロ「ちがうよぉー、ホニャララ△□☆〆・・・」
   ↑↑シドロモドロ

ママ「...、わかんないよぉ。(´_`;)」

マロ「パパがあるって言ってたよ。あっそーだ!バトンミントンだ!」

それを言うならバトミントン!!

(=_=;)フフッ ワガコナガラ、ヤルナ、オヌシ...

 

トラックバックピープル、「きらきら学園★彡 」に、トラックバーーック!!

トラックバックピープル、「きらきら学園★彡 」では、子供たちのおもしろい言葉や行動を、随時募集しています!

みなさんも、何かあれば、ぜひ、トラックバックしてくださいね(o^-')b

トラックバック先URL: http://member.blogpeople.net/TB_People/tback.jsp?id=00466

 

                      

                   きらきら学園★彡       

posted by かめぽこ&ももすけ at 18:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きらきら★彡日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

きらきら★彡ハウスに、新しい住人!!

livedoorblogでは、設置していたのですが、こちらでは、設置していなかったので、

これから、blogペットこうさぎの、きららちゃんも、引越ししたいと思いま〜す!

seesaaでは、設置しようかどうか、迷ったんですが、一度設置すると、今度は、きららがいないのが寂しくて。。。

きららも、立派な、きらきら★彡ハウスの住人ですね!!

各blogによって、こうさぎの設置方法は異なるので、少し時間がかかるかもしれませんが。。。

こうさぎ「きらら」の到着を、楽しみにしててくださいね!

                           

           きらら、おもしろ語録♪

posted by かめぽこ&ももすけ at 15:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人ももすけより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

「今年の運動会は・・・」

運動会、やっと終わりましたぁ〜。よかった。ちゃんとできて。


10/3に予定されていた運動会、むぉんのすごいどしゃぶりで延期。午前5時に起床、お重三段に中身をつめこむも、6:30の連絡網で、水の泡〜。

大量に作りすぎたおかずは、お昼だけで食べきれず、夕ご飯にもなり、その日のおさんどんは楽チ〜ン!

でも、ショックは計り知れなかった...(TOT)アアァァー


10/10 今日こそはやってくれよぉ!という切実な願いの賜物か!?6:15頃、電話の音がっっ!ええーっ今日もまた延期??

と思ったら、「やります」という連絡網だった〜(´-`)=3
今日もちゃーんとお重三段に詰め込んだのだぁー!!

しかし、パパはいつまでたっても寝ている。8:30までに行かなきゃいけないのに、8:00近くまで寝ていた(`∧´+)
おかげで集合時間に少し遅れた!!

今年もPTA代表クラス対抗リレーに出ることになっていた私は、とりあえずちゃんと走れればいい、と思っていたけど、まさか1番で走ることになろうとは...。

なんでこんな時だけくじ運がいいんだ(T_T)1バンヒイチャッタヨ。


「位置についてぇ〜よーい、パーンッ」

うわー他の人達、速いよ速いよーっ!と思った瞬間、足元がグラッ...クルクルドッシーン、そう、私は転びましたよ。ええ。

豪快に、すっころび1号でしたよ。ふらつく足元をなんとか整え走ったものの、ビリケツで第2走者へ。
みなさん、すみまっしぇん(;_;)

マロもはりきって、よーいドーン!がんばれがんばれで3位。おおースゴイじゃないの。去年はビリでしたよ。

1年でたくさん成長したんだぁーねぇ。
そう、この日はマロの成長ぶりを目の当たりにすることができて私達(パパも)には、とてもとてもステキな日でした。

マロは年中さんにあがってから、なかなか新しい環境に馴染めず長いこと悶々としていたのでした。

6月の遠足の時には、体調も悪くしちゃったのと重なって、お友達と遊びこめず、毎日家でミロやジーちゃん、バーちゃんにあたりちらしてたいへんでした。

遠足のあと1週間ほど園を休み、先生に相談して、先生もわざわざ家へきてくれたり。でも荒れ模様はなかなか治らず。

ある日、ぷっちん堪忍袋の緒が切れた私はマロにきっつい一言を言い放ちました。するとワーと泣きじゃくりましたが、その後は次第にスッキリし始めて、
園でも別人のようにいい顔を見せるようになったと先生も驚いてました。

とまあ、こんな調子だったのが、この運動会でマロと他のお友達との関わりをみて、今度は私達が驚きました。

マロは何人ものお友達と、楽しそうにじゃれあい、遊びまわっていたのです。お友達もみんなマロのことを大好きな様子でした。

普段、仕事をしていると、なかなか園での様子を実感できず、先生やほかのママさん達からの話は聞くけども、実際ピンとこなかった。
年中にあがってから紆余曲折しただけに...。

そして、まるきり知らない小学生の男の子と対等(?)にはりあっていたり、ちょっと危ない遊びをしていた小学生のしかも男の子グループに「あぶないんだぞー」って偉そうに(^o^)忠告してたり。

私は嬉しくて嬉しくて。なにより、マロが自分をだして思い切り遊びこんでいる様子に、胸が熱くなりました。
きらきら光るその顔に、マロのすばらしさを見ました。


今年の運動会、とても思い出深い運動会だったな。(^-^)


****** 追記 *****
運動会、私的にはとても良かったのですが、悲しい出来事も。

やはり父母代表による競技に出場された、年少の時マロと同じクラスだったN君のパパさんが、競技終了後、具合が悪くなり病院へ。そのまま帰らぬ人となりました。

N君のママとはあんまり会うこともなかったけど、顔をあわすとよくお話しました。N君・N君ママのことを思うと、ほんとにいたたまれません。こんなに急に、こんなふうにパパさんが逝ってしまうなんて。身につまされます。

N君パパ、天国でN君とママさんをしっかりと見守ってください。  
謹んでご冥福をお祈りいたします。


posted by かめぽこ&ももすけ at 16:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

重要なお知らせ

みなさん、こんばんは、ももすけです!

「おおきくて ちぃちゃくて きらきらで ★彡」は、
以前、こちら、seesaablogより、livedoorblogに引越ししたのですが、

約半月の間、livedoorblogで運営したところ、livedoorblogの不具合、及び、様々な事情により、悩んで検討した結果、再び、こちら、seesaablogに戻る(引越し)することになりました!

わずか、半月の間に、二度も引越しをして、みなさんに大変ご迷惑をおかけしまして、本当に申し訳ありませんでした
<(_ _)>


こちらで、心機一転、またさらにがんばってまいりたいと思いますのでp(^_^)q、これからも、
「おおきくて ちぃちゃくて きらきらで ★彡」を、どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
posted by かめぽこ&ももすけ at 19:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人ももすけより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

おねしょパンツの行方

かめぽこです(^o^)

あれはいくつの頃だったろう。私的には3〜4才ぐらいのイメージがあるけど…。

ある朝起きたら、なんと!おもらししていたの(;O;)エーン

周りには誰もいなくて、母を探すと洗濯の真っ最中。

当時、母は二そう式の洗濯機を使っていたが、すすぎはなぜかタライでジャブジャブしていた(これは私が中学くらいまでそうだった。

わたしらが洗濯するようになってもタライを使わされた。洗濯機ですすぎをすると怒られた TOT)

その、タライでジャブジャブする母の後姿をみて、私はびちょびちょのパンツをトイレでこっそり洗いました!

でも、その後の記憶はさっぱり…?
世界地図のついたお布団はどうしたのか?
洗ったパンツはどうしたのか?

タイムマシンがあったら戻って見てみたい!

でも、トイレで密かにおねしょしたパンツを洗うなんて、多分当時おねしょでいっつも怒られていたに違いない(-_-)!!
posted by かめぽこ&ももすけ at 06:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出きらきら★彡宝箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

〜親の気持ちってよくばりだー!でも、どうすればいい?〜

こんにちは!かめぽこです。

子供に対し、こう育ってほしいという希望って、どんな親にもありますよね。

でも、なかなか上手くいかないんだ...という人も多いのでは。(私もそうか ^o^;)

じゃあ、子供ってどうすれば、親の思うように育つんでしょう。

特別なことは何もないかもしれません。子供はただひたすら親をみて育つだけです。

親自身が「自分がこうあってほしい」と子供に対して思う姿を自分がそうすればいいだけなのです。

なんだかややこしやぁ〜♪なのですが、つまるとこ、自分自身が子供に対する希望と同じに生きればいいと思うのです。

「こんなふうになるのよ」

なぁーんて口で言ったって、わかりません。頭ではわかるかというと、それは“わかる”のではなくて、知識としてインプットされるというだけです。

体得するわけではないです。

じゃあ、自分がお手本を示せばいいのね、ということかと思えばお手本になる場合とならない場合があるようです。

親が心の底から、気持ちよくその行動を行えていれば、子供も自然と引き込まれて、やがては本当に親の希望するような人になっていくのです。

でも、本当はこんなことやりたくないんだけど...とイヤイヤやったり、かったるいなぁ、なんて心の隅で思っていたりすると、ダメなんですよね。

どんなに顔はニコニコ(^O^)していても、そのツケは必ずどこかに現れるものです。

本当にそうすることが幸せだ〜、心から嬉しい。(´-`)ウフフ
と感じていなければ、人の心はついていかないものです。

結局、親の日頃の生活態度ですー。心の状態ですー。

バランスをとって・・・♪
また子供に過度の期待をかけすぎない。あせらない。
親のこうでなくちゃいけない、ああしなくちゃっ、っていうあせりともいえる心に子供は無防備です。

ストレートに受け止めてしまいます。
そうしなくちゃ、ダメなんだ。そうやったらママ(パパ)は自分のこと見てくれるんだ!

そうやって子供は追い詰められちゃう。


今この瞬間、この子と共にこうしていられる、ということへの感謝と喜び、それを常に感じて、日々を過ごすだけでもいいです。

そして、子供のありのままを抱きしめてあげられれば最高!いうことなし!!子供を、その子その子を認めてあげよう!そう努めよう!


子供は自然に、自分から歩いていきますよ。

フレーフレー!パパ・ママ!!\(^O^)/

これって私自身に対するエールかも...(^^;)!?


posted by かめぽこ&ももすけ at 09:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かめぽこの育児エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

「哀しい秋…(T。T) ルールールルルゥー♪」

かめぽこです。

もう秋ですねぇ。ススキがきれいです。散歩に行くとススキを引っこ抜いてブラブラさせて。


そういえば、9月9日は菊の節句なんですよ〜。重陽(ちょうよう)っていって、年に5回ある節句のひとつです。なんでも昔、宮中ではこの時期に菊の花見をしながらお酒を飲んだとか。

風流ですなぁ〜(=_=)


“秋”といえば、いろいろ。運動の秋、食欲の秋、物想う秋、読書の秋、ゲージツの秋、実の秋…。

読書といえば、時々図書館で絵本を貸りてくるのですが、先日もいっぱい貸りてきました。

その中で,
「11ぴきのねこ」という本があったのですが、この“11ぴき”はいくつかシリーズがあって、私のお気に入りのひとつです。

11匹の野良猫がくりひろげる、なんとも愉快なお話しで、11匹はいい猫かというと必ずしもそうではない!です。

お調子者で、ズルくて、ちょっと卑怯で…。ここまでいうとなんだかとても性悪みたいですが、そんなことはありません。

人間にたとえて言うなら、“寅さん”のような感じ。風のむくまま気の向くまま、お調子者だけれど情にもろかったり。

「11ぴきのねこ」は愉快な11匹が大きな怪物のような魚をつかまえる旅にでます。

その魚は大きな湖にいるのですが、11匹はいかだでくりだし、怪物魚と格闘します。でもなかなか怪物魚を捕まえることができません。でも最後には11匹に捕まって食べられてしまいます。

とまあ、こんなあらすじですが、私はこの怪物魚が好きなんです。この怪物魚はある歌を歌うことで、結果的には猫たちにつかまってしまうのですが、怪物魚はその歌を“昔おぼえた”というのです。

その歌は“ねんねこさっしゃれ”といって、子守唄なんです。私もよく子供たちに歌ってきかせる子守唄です。

その歌を11匹がうたい、それでどんどん気持ちよくなって深い眠りについた怪物魚は、とうとう11匹につかまってしまうんです。

私はマロ・ミロに本を読んであげながらも心のなかでは一生懸命、どうか11匹がこの怪物魚を逃がしてあげますように!と祈っていました。

ところが、やはり…(TOT)アアァァ

これを書きながらも、思い出すたびに胸がキューとなります。悲しくて泣けてきます。(オイオイ...)

絵本じたいは、そんな悲しいお話しではないです。子供たちもお腹いっぱいの猫たちを見て「あーあ、食べちゃったねー」と楽しそうに笑っています。明るく楽しいお話しなんです。

でも私は、怪物魚がかわいそうで、かわいそうで。あの“ねんねこさっしゃれ”を歌った、昔憶えた歌だった、と、それだけでこの怪物魚が自分の子のような気がしちゃったんです。

きっとその怪物魚も、子供の頃おかあさんによく歌ってもらったのではないでしょうか。その歌を聞きながらいつも寝ていたのではないでしょうか。それで11匹が怪物魚の枕もとで歌うことで深い眠りにおちていったのだと。

それを想うと、泣けてくるんですーー(TOT)(TOT)(TOT)ワァァァ

子守唄って、魔法の歌です。子供たちが安らかな、心地よい眠りにつけるように、そしてそれを歌うお母さんの気持ちまで穏やかにしていきます。

なにも寝る時だけでなく、普段からでも口ずさんでいいと思います。ちょっと気分のいい時に、フンフン♪と。子供たちの心にもお母さんの安らいだ心が伝わり、安心して落ち着きます。

私もよく歌っています。けして上手ではありません(えぇ、えぇ、わたしゃ音痴ですとも。ハイ。 -_-;)が、子供たちはよくリクエストもしてくれます。寝る時はうちでは案外、効果大!なんですよ〜。音痴でもね。

それにしても、11匹。マロもとてもお気に入りで、何度も読んで、と持ってきます。その度に私の心は張り裂けそうに…

「なぜ怪物魚を食っちゃったんだああぁぁぁぁぁーー−-…」

posted by かめぽこ&ももすけ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。